定年が見えてきたサラリーマン心情

“サラリーマンには定年があり、大体60歳です。定年が来ればもう正社員として責任のある仕事の完遂を一任されることもありません。50歳を過ぎた頃はまだまだ、若い者には負けないぞとか、あと10年、下手すれば定年延長時代の到来で永遠に働くかもしれない現代において、今を精一杯に生きるだけで、定年後のことなんて何にも考えていませんでした。
でも50歳も中盤になって来ると、今まさに毎日毎日の膨大な業務と残業をこなし、会社のトイレにいる訳ですが、本気で定年後のことを考える様になっています。思えばずっと会社ばかりの人生でした。一体、私の人生は何だったのだろう。そんなことを考えています。あと何年、私は生きるのか?生きられるのか?もしかしたら、今夜、私は会社の帰りに事故に遭って死んでしまうかもしれません。でもそんなことを考えながら、もう既に50年以上も生きています。そして、これからどうなるのか?それは誰にも分かりません。分かっているのは、愛する家族と住宅ローン残高があることだけです。もう暫く生きて行きたいと思います。用も足したし、そろそろトイレ出よう。”